3つのPC、スマーフォンをキーボード上で切替えられる『Logicool K780 Bluetoothキーボード』

 昨年秋頃に購入した「Logicool K780 マルチデバイスBluetoothキーボード」。こちらは別で記事にしている「Epomaker SK61S」より前に、3台のPCを一つのをキーボードで操作したいということで購入したものです。「Epomaker SK61S」は下記からどうぞ。

機能・特徴

 「Bluetooth」または「ロジクールUnifying USBレシーバー」でワイヤレスで接続でき、Windows、Mac、スマートフォンなど3台まで接続可能で、キーボード上のボタンで素早く切り替えることができます。充電式ではなく単四形電池2本で動作します。(公式では24ヶ月動作が可能)

スマートフォン・タブレットを固定する溝があります

 キーボードの奥には溝がありスマートフォンやタブレットが、差し込めるようになっています。ボディは強度があるプラスティックで差し込む部分だけ、滑り止めのラバーぽいコーティングがされています。

 USBポート等はないので、ワイヤレスでの接続のみとなります。重くてガッシリとした作りで高級感があります。大きめのタブレットを差し込んでもでひっくり返ることはないでしょう。

 電源は単四電池2本です。付属の電池をそのまま使っていますが、6ヶ月以上たった今でも使用できています。右のくぼみはレシーバを格納する場所です。フタは下にスライドすることで取りはずことができます。多少開けにくいですが力任せに引っかかったまま上に引き上げると、フタの爪が破損してしまうので確実にスライドして開けましょう。

設定

 ペアリングは左上の白いキー(1にペアリングしたい場合は1のキーを)を長押しします。PC上はペアリングされる機器で「Bluetooth」場合はそのままBluetoothの設定し。「ロジクールUnifying」でペアリングする場合は、レシーバーをUSBに装着後、公式でソフトウェア、ドライバーをダウンロードしインストールします。スマートフォン・タブレットは「Bluetooth」のみになります。

 これを1~3のキーに割り振ればキーボード上で設定したPC、スマートフォン、タブレットなどが切り替えができるようになります。

使用感

 キーボード上で3台のPCやスマーフォン、タブレットの切り替えできるのは便利です。また「Logicool Flow※」に対応しているLogicoolのマウスを持っていれば、マウスのカーソルが別のPC・Macに移動した場合にキーボード自体も自動的に切り替わり、複数PCを1つのPCのように使えます。(ただしキーボードの方からPCを切り替えてもマウスは自動で切り替えができません。)

 片方がBluetooth接続の場合は「Logicool Flow」を使っての自動切り替えはできないようです。その場合は手動でキーを押して切り替えます。使用するPC、Macに「Logicool Flow」がインストールされている必要があり、モニター自身の切り替え(1台のモニターに複数のPCがつながっている場合)はできません。ハード切りかえ時のラグはほとんど感じられないので、ストレス無く切りかえてすぐ入力ができます。(購入時はMac←→PCの時はもたつきがありましたが、ソフトウェアのアップデートでかなり良くなりました。)

 スマートフォン・タブレット立てる部分は、ラバーのようなものでできているため、ちょっとぶつかったくらいでは、倒れたりすることはありません。また角が丸いタイプのスマートフォン・タブレットもちゃんと固定できます。ただラバー部分は、ほこりやゴミが拭き取りにくいです。

 個人的な好みとか慣れとかあるかもしれませんけど、ボタンがふらっとなのでこのキーボードでショートカットや長文を書くことや作業てきなものは難しいです。タブレットをキーボードに差し込んで、キーを見ながら使うのは問題ないんですけどね。またキーボード自体が大きく重いので移動して使う的な感じは難しそう。ちなみに打鍵音はほとんどしません。静かです。

 テレビの前に置いて、FireTV、ゲーム機やタブレットと併用などライトな使い方が良さそうですね。

 一応上でも書きましたが、このキーボードでAVセレクタ的な使い方はできません。あくまでキーボード本体の入力先を切り替えるだけです。

※Logicool Flow

 Logicool FlowはLogicoolの公式でダウンロードできる、Logicool社製のマウス、キーボードのユーティリティーソフト「LogicoolOption」についている複数のPCをシームレスに切り替えるための機能提供するソフトウェアです。対応しているマウス、キーボードがあれば使うことができます。(購入時には要確認)接続するPC、MacインストールしてあればWindows、Mac間でもシームレスに切り替えることができます。同時に複数のPCを使う場合にはとても便利な機能です。

 画面端にマウスカーソルを移動すれば、別のPCにマウスカーソルが操作できるようになるのは便利なのですが、全画面表示でゲームで視点移動、移動する場合、画面端マウスカーソルを移動する場合はOFFにしないと画面移動してしまうのでOFFにしましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました